ARTIST LIST

CATEGORY : ALL

ARTIST : ALL

クラウド・ルー(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
盧廣仲(ルー・グワンチョン、英語名Crowd Lu(クラウド・ルー)、1985年7月15日 - )は台湾の歌手。台南市出身。

淡江大学の1年生のとき、交通事故に遭って入院中にギターを始める。第20回の金曲賞で最優秀新人賞および最優秀作曲賞を受賞。
D’Angelo(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
出生名 Michael Eugene Archer
出生 1974年2月11日(41歳)
出身地 [アメリカ合衆国の旗]  アメリカ、バージニア州リッチモンド
ジャンル R&B、ファンク, ソウル
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル、ピアノ、ギター、キーボード、ハモンドオルガン、ドラム、ベース、ローズ・ピアノ
活動期間 1991年 – 現在
レーベル EMI、ヴァージン・レコード、J、RCA
共同作業者 ソウルクエリアンズ、クエストラブ、ラファエル・サディーク、ロイ・ハーグローヴ、コモン

アメリカ合衆国バージニア州リッチモンド出身のシンガーソングライターである。
リッチモンド南部で宣教師の息子として生まれ、幼少の頃から歌い始めた。

ヴォーカルだけでなく、ピアノ、ギター、そして作詞作曲といったプロダクション作業までこなすマルチな才能を持つ。

影響を受けたアーティストにマーヴィン・ゲイ、プリンスの名を挙げているが、ディアンジェロ自身多くのアーティストに多大な影響を与えているいわゆるミュージシャンズ・ミュージシャンである。

1995年にファーストアルバム「Brown Sugar」でデビューし、マーヴィン・ゲイやスティーヴィー・ワンダーの時代のソウル感覚とヒップホップ世代の感性を見事に融合させたニュークラシック・ソウル/ネオ・ソウルという一つのムーブメントを作り出し、数々のフォロワーを生み出した。

そして2000年にセカンドアルバムである「Voodoo」を発表し、名実共にネオソウルを代表するアーティストとなった。 その後、しばらく自身名義の作品のリリースが途絶えたが、2014年12月15日に14年ぶりとなる3枚目のアルバム「Black Messiah」がデジタル配信でリリースされた[1]。

尊敬するプリンスとは異なり寡作ではあるもの、客演やカバー、楽曲提供は数多くこなしている。インタビューで「自分のことをR&Bシンガーだと思ったことはない、いつだってR&Bなんてくだらないと思っていた」と答えており、初めて作った曲もヒップホップで、常日頃からラップもしているとのこと。
DATS(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
2013年、東京のユースカルチャーを活性化させるべく結成。
耳に残るポップミュージックのフックを融合させるサウンドは、ライブフロアをダンス・フロアへと変えてしまうほどの圧倒的な存在感でオーディエンスを沸かす。
結成わずか一年、フィジカルリリース未経験ながらSUMMER SONIC 2014出演、UKのTom Vek来日公演のサポートアクトを務めるなど、活動の勢いは増す一方。
これまでに都内で三度開催された自主企画、MUSIC WORLDは、毎回超満員を記録。
DILLON FRANCIS(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
ディロン・フランシスは、ロサンジェルスを拠点に置く
エレクトロニック・ミュージック・プロデューサーとDJ。

ムーンバートンというジャンル(レゲトンとハウスを融合させた
110BPMくらいのスタイル)のパイオニアである彼は、
最初はMad Decentと契約し、2011年にファースト・オフィシャルEP「Westside」をリリースした。

彼がリリースしたダンスホール・チューン“Westside”は
エレクトロニック・ダンス・シーンにおいて
世界的なアンダーグラウンド・センセーションを巻き起こした。

ディロンはその後もスティーヴ・アオキ、カルヴィン・ハリス、
ディプロ、Aトラック、ゼッド、マデオン、フラック・パビリオン、
ジャック・ビーツ、デジタリズム、チャッキー、
キル・ザ・ノイズなどのリミックスを手掛けている。

最新EP「Something Something Awesome」は2012年2月に
スクリレックス率いるOSWLAからリリースされた。

ディロンは今も世界のフェスティバルに出演し、
現在はフロストラダムス、バウアー、RLグライムとヘッドライナー・ツアーに参加している。
VALY MO(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
レコードレーベル:Nest HQ (OWSLA) / Ultra Records
フランスのアーティスト!

サウンドクラウドにて音源公開中
Crystal Castles Remix
https://soundcloud.com/crystal-castles/crystal-castles-kerosene-valy
The Subs Remix
https://soundcloud.com/lektroluvrecords/03-the-subs-feat-jean-pierre
Dinosaur Pile-Up(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
UKリーズ出身の3ピースバンド Dinosaur Pile-Up (ダイナソー・パイル・アップ)

マット・ビッグランド(Vo,Gt)を中心に、2007年にイギリスにて結成。メンバーチェンジを重ね、ジム・クラッチリー(Ba)、マイク・シールズ(Dr)で活動中。

マット(Vo,Gt)の非凡なソングライティングと卓越したサウンドメイキングがバンドの屋台骨を支え、イギリスではロックバンドの新世代としてNME誌をはじめ、各メディアから注目されている。

2014年には待望の全米リリースをし、全24公演のUSツアーを敢行。SUMMER SONIC 2014 初来日を果たした注目の3ピース!彼らの新しい才能を体感できる貴重なこのチャンスを見逃すな!
DJEDJOTRONIC(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
Boysnoize Recordsが一番新しく契約した、24歳のDjedjotronicは、
Busy Pとのリミックスもこなして来ただけでな く、ミニマルなエレクトロが
話題のPopofとも元々Wee-Kidsというユニットを組んでいたアーティストである。
そんな彼が、 2007年にLevel75からリリースした「Turn Off EP」がJustice、
Mr.Oizo、Busy PやBoys Noizeなどに絶賛され、2009年にはBoysnoize Recordsからの
デビュー・シングル「Dirty & Hard EP」がリリースされ、現在、Brodinski、Noob、Harvard Bass等とも楽曲制作中である。

そんな彼は、本人がいうような「エレクトロ・ビッチー・ダンス」 的な
ゲットー・ハウスを盛り上げる注目のニュースクール系アーティストだ。
THE DO(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
フランスのエレクトリック・ポップ・デュオ、ザ・ドー(The Do)の
最新アルバムの日本盤『Shake Shook Shaken』(RBCP-2913 2,400円 + 税)が8月5日に発売されます。

ザ・ドーはフランス出身のダン・レヴィーと、フィンランド・ヘルシンキ出身の
オリヴィア・メリラティの2人組。2005年に映画『Empire of the Wolves』の
音楽制作の現場で出会い、ほどなくしてデュオを結成。ウェブで公開した楽曲が
話題を呼び、2008年のデビュー・アルバム『A Mouthful』はフランスの
アルバム・チャードで初登場1位を獲得しました。その後、ヨーロッパをはじめ、
アメリカ、カナダ、メキシコでライヴを重ね、2011年にはセカンド・
アルバム『Both Ways Open Jaws』、2014年には『Shake Shook Shaken』を発表。
最新作は、今年2月にフランスのグラミー賞にあたる
ヴィクトワール・デュ・ラ・ムジークで年間最優秀ロック・アルバムを受賞しました。
ECHOSMITH(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
Jamie -- Guitar
Sydney -- Vo./Keyboard
Noah -- Vo./Bass
Graham -- Drums

カリフォルニアを拠点とする4人組バンド、エコスミス。
シエロタ家の子供たち--長男ジェイミー(21歳:ギター)、長女シドニー(17歳:ヴォーカル/キーボード)、二男ノア(18歳:ヴォーカル/ベース)、三男グレアム(15歳:ドラムス)は、既にバンドとして数年間活動を行っており、兄妹で曲作りや演奏の腕前を磨いてきた。音楽一家に生まれた彼らは、楽器の演奏をしながら、またコールドプレイやスミス、U2、ジョイ・ディヴィジョンにフリートウッド・マックまで、実にさまざまなバンドの音楽を聴きながら育ち、4年ほど前からバンドとして活動するようになる。
EPIK HIGH(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
MITHRA (ミスラ)  生年月日:1983年1月6日
TABLO (タブロ)  生年月日:1980年7月22日
DJ TUKUTZ (ディージェー トゥーカッツ)  生年月日:1981年11月19日


2001年結成の3人組HIP HOPグループ。
2011年にYG ENTERTAINMENTに所属。

グループの名称は、『詩に酔いしれた状態』『叙事詩的な偉大さ』を意味し、
それだけに詩の表現技法と叙情性、文学性などを重要視し、
その世界観と圧巻のパフォーマンスによりこれまでに多くのファンを獲得してきている。

また今年2014年4月〜5月に行われた、
『YG FAMILY WORLD TOUR 2014 -POWER- in Japan 』にもグループとして初参戦。
日本での初のパフォーマンスに、BIGBANG、2NE1など他アーティストのファンも虜に。
日本の約21万人のオーディエンスにその実力を見せつけた。

キャッチーな楽曲と、強いメッセージが内に秘められた歌詞にも注目のYG FAMILYアーティストが遂に日本上陸!
EXILE SHOKICHI(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
SHOKICHI(ショウキチ、1985年10月3日[- )は、
日本の歌手、ダンサー、作詞家、作曲家、
俳優、ラッパー。EXILE、THE SECOND from
EXILEのボーカル兼パフォーマー。元J Soul Brothers(二代目)。
本名は八木将吉[1]。
中納良恵(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
EGO-WRAPPIN’ヴォーカリスト。
1996年 中納良恵(Vo、作詞作曲)と森雅樹(G、作曲)によって
EGO-WRAPPIN’結成。「色彩のブルース」や「くちばしにチェリー」は、
多様なジャンルを消化し、エゴ独自 の世界観を築きあげた名曲として
異例のロングヒットとなる。以後作品ごとに魅せる斬新な音楽性において、
常に日本の音楽シーンにて注目を集めている。2014年5月には
脚 本・演出 大根仁、主演オダギリジョーのドラマ「リバースエッジ
大川端探偵社」の主題歌、エンディングテーマを含む4曲入り
シングル「BRIGHT TIME」をリリースした。
EGO-WRAPPIN’の活動と並行して2007年には
ソロ1st Albumとなる「ソレイユ」をリリースし、TOURも行う。
またYuji Ohno & Lupintic Fiveに招かれ「ルパン三世のテーマ」の歌唱や
、東京スカパラダイスオーケストラ、セルジオ・メンデスなど国内外様々な
アーティストの作品にヴォーカリストとして参加している。
WALK THE MOON(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
バンドのシンガーで、中心人物のニコラス・ペトリッカにより、
2008年にシンシナティにて、ギタリストのイーライ・メーマン、
ベーシストのケヴィン・レイ、ドラマーのショーン・ワーガマンにより
結成。ポリスの"Walking The Moon"にヒントを得て、
バンドを命名する。2010年11月にインディーズで
デビュー作『I WANT!WANT!』を発表。このアルバムに
収録されている"Anna Sun"が、アメリカの複数のステーションにて、
エアプレイを稼ぐと、翌2011年2月には、現マネージメントと
契約を結ぶと共に、ソニー・ミュージックエンタテイメント傘下のRCAより、
2012年6月、アルバム『Walk The Moon』でメジャーデビューを果たす。

2014年11 月には、メジャーデビュー2作目
となる『Talking is Hard』を発表。それに先駆けて、
同年9月にシングル"Shut Up And Dance"を先行リリース。
'80sヒッツフレーヴァーの強いこの曲は、ビルボード・HOT100の
TOP 10にランクインし、彼らにとって、
初のヒットとなる(2015年5月30日付け、ビルボードHOT100で4位に上昇している)。

wikipedia 2015年5月21日 (木) 13:35 ‎参照
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%B3
WEAVER(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
WEAVER(ウィーバー)は、日本のスリーピースピアノ・ロックバンド。
アミューズ、A-Sketch所属。ピアノ、ドラム、エレクトリック・ベースの3ピースによる、
ギターレスが特徴であり、2009年10月にメジャーデビュー。
バンド名には”音楽を紡ぐ人”という意味がこめられている。

参照 wikipedia 2015年6月27日 (土) 09:42‎ 124.103.18.191
https://ja.wikipedia.org/wiki/WEAVER
 
WOLF ALICE(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
シンガーのエリー・ロウゼルを中心に2010年にロンドンで結成されたウルフ・アリス。
デビュー・アルバム『My Love Is Cool』がCool。
BBCの「Sound Of 2015」にもノミネートされ、今年もっともブレイクが期待される。
ノイジー・ギターの扱い方のうまさにも定評あり。

Youtubeオフィシャルチャンネル
https://www.youtube.com/user/wolfalicevideos
YAMATO(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
「burn WORLD DJ CONTEST 2013 JAPAN」優勝後、その後日本代表DJとして各地で転戦!帰国後、SUMMER SONIC 2013 に初出演。
SONICMANIA に出演したときは、超満員のフロアを朝まで盛り上げた。

2015年は2回目の開催となるELECTROXに2年連続の出演決定。
Pioneer機材の機能をフルに活用できる技術&躍動感。これが、彼の最大の武器!

LINE Musicで聴けます!!
https://music.line.me/artist/mi00000000006e065c
ZAPP(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
ザップ (Zapp) は、ロジャー・トラウトマンが中心となり、レスター、
ラリー、テリーらトラウトマン兄弟を中心として
1978年に結成されたアメリカ合衆国のファンクバンドである。

トラウトマン兄弟はオハイオ州ハミルトン出身。デイトンで
バンド活動を続けていた頃、幼なじみであったブーツィー・コリンズの
紹介でジョージ・クリントンに見いだされる。Pファンクの前座として
実績を積んだ後、1980年代に若手の有望バンドとして注目を浴びるようになる。
特にトーク・ボックスを自由自在に操るロジャーのヴォーカルは
独特のもので、現在に至るまで後進に多大な影響を与え続けている。

1980年代を通してザップはコンスタントにアルバムを発表し、
一時はジェームス・ブラウンやPファンクの後継者はプリンスと
ロジャーであるとさえ目された。さらに1990年にはバンドで稼いだ
資金をもとに建設会社を創業する。しかしこれがケチの付き始めであった。
建設会社は多額の負債を抱えて倒産し、兄弟間に亀裂が入り始める。
バンドの活動も、アフリカン・アメリカンのポピュラー音楽の主流がヒップホップに
移っていったことで、1980年代ほどの勢いを
継続出来なくなる(ただしコンスタントに来日公演は行っていた)。

しかし、1990年代も後半になると、再びロジャーに追い風が
吹き始める。サンプラーの 普及により、1980年代のザップの
レコードが若い世代の音楽製作の素材になり始めた。ところが、
これからもう一花という1999年の4月に破局が訪れ た。
かつてザップのメンバーであったラリー・トラウトマンが
金銭上のトラブルからロジャーをショットガンで射殺し、
自らも自殺してしまったのである。リー ダーを失ったザップは
崩壊。しかしながら、ロジャー亡き後テリーがロジャー譲りのトーク・ボックスを
プレイしZAPP名義での通算6作目のZAPP VIをリリース。
現在も精力的にライブを中心に活動。

Billboard JAPAN Party オフィシャル
http://www.billboard-japan.com/special/detail/1242

参照 wikipedia 2015年7月21日 (火) 05:43‎
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%83%E3%83%97
ZEDD(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
アントン・ザスラフスキ。ドイツ出身のDJ/プロデューサー。2013年2月にアルバム『クラリティ』で日本デビュー。
レディー・ガガが絶賛。「スペクトラム feat. マシュー・コーマ」や「クラリティ feat.
フォクシーズ」は大ヒットを記録。特に「クラリティfeat. フォクシーズ」は
全米シングル・チャートでトップ10入りを果たした。昨年のグラミー賞
では「ベスト・ダンス・パフォーマンス賞」を受賞。昨年は
『SONICMANIA』に出演。その盛り上がりは、天地を揺るがすほどで、入場規制がかかった。
アリアナ・グランデやレディー・ガガ等の楽曲プロデュースも担当。
”ゼッド・ブランド”、必聴です!!

LINE MUSICで聴く!
https://music.line.me/artist/mi0000000000158bd7