ARTIST LIST

CATEGORY : ALL

ARTIST : ALL

Jon Hopkins(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
ロンドンを拠点に活動するプロデューサー。
08年、ブライアン・イーノと共にコールドプレイの
『美しき生命』に楽曲提供/プロデューサーとして参加。
コールドプレイの世界ツアーのサポート・アクトとして初来日。

イーノやキング・クレオソートとのコラボ作品を発表。
13年に発表した4作目『イミュニティ』が英国最高峰
音楽賞マーキュリー・プライズにノミネートされ話題となる。


更に海外メディアの年間ベスト上位に選出された。
2014年5月、TAICOCLUB’14で来日しその圧倒的な世界観で観客を魅了した。
J(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
1992年 LUNA SEAのベーシストとしてメジャーテビュー。
1997年 LUNA SEAの活動休止を機にソロ活動を開始。
2000年 12月東京ドーム公演にて
LUNA SEA終幕後、本格的にソロ活動を再開。
ex.GUNS'N'ROSES(現 Velvet Revolver)のダフ・マッケイガンや、
ex.SEX PISTOLSのスティーブ・ジョーンズ、
THE CULTなどを招いたライブイベント「FIRE WIRE」、
初のアリーナオールスタンディングによる日本武道館公演、
過去4回に渡って開催されたSHIBUYA-AX 5DAYS等、独自のスタイルでのライブ活動を展開。
その間、数々の作品を世に送り出し、
2013年10月には、自身9作目となる
オリジナル・フル・アルバム「FREEDOM No.9」がリリースされた。

LINE MUSICはこちら
https://music.line.me/artist/mi00000000001604f9
THE JON SPENCER BLUES EXPLOSION(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン
(英: The Jon Spencer Blues Explosion) は、
1991年に結成された、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身のロック・バンド。
バンド名が長いため「JSBX」や日本では「ジョンスペ」という略称で呼ばれる事も多い。
AK-69(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
メジャーではなくインディーで活躍することに価値を見い出している
AK-69は、通常ならば逆境とも言えるその状況を逆手にとり、
「だからこそやる意味があること」を追求し続ける
ヒップホップ・アーティストである。
シンガーのKALASSY NIKOFF名義でリリースした
『PAINT THE WORLD』をソロ活動の皮切りに、
『REDSTA -The Rap Attacker-』『REDSTA -The Melodizm-』で
評価を確立。その後、ベスト盤『BEST OF REDSTA』や
2008年の『TRIUMPHANT RETURN -Redsta Iz Back-』など
複数の作品を経て、徐々に知名度を上げた翌2009年には
倖田來未のアルバムへとゲスト参加。
同年9月に『THE CARTEL FROM STREETS』を発表した
彼の勢いは2010年も止まらず、
AIのデビュー10周年シングル「Still…」をはじめ数多の
客演にその名を連ねると、続く『THE RED MAGIC』が
オリコン週間総合チャート初登場3位を記録。
同作の先行シングル「PUBLIC ENEMY」のミュージック・ヴィデオは
各アワードへノミネートされ、結果的に
『SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS 2011 "BEST HIPHOP VIDEO"』
/『流派 PV AWARD 2010』を受賞した。
2011年9月にはみずからのアーティスト・ヴァリューを決定付けるべく、
『THE RED MAGIC』のリリース・ツアー・ファイナルを日本ガイシホールで開催し、
全国から約10,000人ものオーディエンスを集める成功を収めた
(この模様は、のちにDVD&Blu-ray化された)。
その偉業を象徴する形で、同年12月に
『Billboard JAPAN MUSIC Awards 2011 "INDEPENDENT OF THE YEAR 2011"』を、
翌2012年3月には同『"INDEPENDENT ARTIST OF THE YEAR 2011"』をそれぞれ受賞。
また、異例のロング・セールスを記録した前述の『THE CARTEL FROM STREETS』が
2012年2月度、『THE RED MAGIC』が同10月度のゴールド・アルバムとしてそれぞれ認定された。

時を同じくして、AK-69は楽曲制作を兼ねたニューヨーク
武者修行を敢行。2013年1月には、
オリコン総合チャート2位を射止めた通算7枚目のソロ・アルバム
『The Independent King』を発表。同作収録曲「START IT AGAIN」の
ミュージック・ヴィデオは、『MTV VMAJ 2013 "BEST HIP HOP VIDEO"』に
ノミネートされた。さらに同作のリリースを記念した帰国凱旋ライヴを
全国ZEPPツアーとして計5会場6公演で開催し、
約12,000人の観客を動員。同年7月には不動の人気を
証明した同ライヴの模様と自身初となるドキュメンタリーなどを
併録したDVD映像作品
『THE MOVIE ~Road to The Independent King~』をリリースし、
自身の作品としては初のオリコン総合チャート首位を獲得するに至っている。
また、現在も日本とNYを行き来しながら活動を続けるAK-69は、
2012年8月、世界中へ影響力を持つNYのヒップホップ専門ラジオ・
ステーション=HOT97が主催する野外イベント『Harlem Day』に
日本人ラッパーとして初めて出演。そこでの盛況もあり、
HOT97が最もホットなアーティストを集めてNYの
老舗ライヴハウスSOB'sで開催する『HOT97 presents:
"Who's Next"』にも初の日本人アーティストとして出演し、
目の肥えた地元の観客を唸らせた。加えて、同局公式HPの
『New on HOT97』やインターネットTVチャンネル=HOT97 TVの
『97 SECONDS』(グラミー受賞者らトップ・アーティストをピックアップする人気企画)
でもそれぞれ日本人初となるインタビューを受け、
「日本のJAY-Z」と紹介されるなどAKはここへ来て
ヒップホップの本場でもその評価を高めている。
そんな状況下、2013年末に自身2作目となる
ベスト・アルバム『Road to The Independent King』を発表。
同作の新録曲でUSトップ・アーティスト、DJ KHALEDと競演を果たすと、
2014年2月~3月には日本ガイシホールと日本武道館で初の
アリーナ・ツアーを開催。それぞれ内容が異なったこの2公演では、
自身の過去と未来(つまりこの舞台に至る道程)を再提示。
デビュー当時から変わらぬ姿勢で頂点まで登り詰めることを、
満員となった各会場の観客へ公約してみせた。
そして約1年後の2015年3月、そのマニフェストを実現すべく、
最新アルバム『THE THRONE』を発表。DJ KHALED同様、
USトップ・アーティストであるFABOLOUSを客演に迎えた
シングル「Oh Lord」のREMIXなど話題曲を満載した同作のリリースと
前後する形で、全国13都市を回るキャリア初かつ
キャリア最大規模となるホール・ツアー『FOR THE THRONE』を開催した。
ここまで着実に、そして全速力でステップ・アップしてきたAKだが、
彼は決して現状に満足などしていないだろうし、これまでに
彼がこなしてきた血の滲むようなハード・ワークを見ていると、
AK-69が目指す先に期待せざるを得ない。黒人をルーツにした
ヒップホップ・ミュージックがその背景の通り「持たざる者の音楽」であるならば、
「インディー」「地方都市」など、様々なハンデを(みずから)
背負いながらもそれをはねのけようとするAK-69の姿勢こそ、
正真正銘のヒップホップなのである。


K. Yoshihashi
BAIO(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
Chris Baio, a passionate lover of dance music with eclectic
taste and no allegiance to genre, plays bass in Vampire
Weekend. Before that, he ran a radio station, threw
basement shows and DJ'd parties at Columbia University
in New York. He lives in Brooklyn with an incredibly
beautiful cat. His performances have rocked clubs across
the globe from Ibiza to Paris to Sydney to Seoul. No one does not leave crying. Ever.
BASTIAN BAKER(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
Music has always been a part of Bastian Baker’s life.
Even as a young boy when music wasn’t at the
centre of his preoccupations, he lent his voice to a school choir.
Today, at only 23, he already sings on Switzerland and
Europe’s biggest stages with the self-confidence of
experienced performers. To find the first signs of his artistic destiny,
a close look at his teen years must be taken;
he had his own secret garden, accompanied
by just a guitar and a pen. His first texts and his
first chords date back to when he was 15,
which already gave a glimpse of a possible breakthrough.
 
BEST COAST(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
Best Coast 
- singer/songwriter/guitarist Bethany Cosentino and guitarist Bobb Bruno –
will release their third full-length album,
entitled California Nights, out now on Harvest Records.

California Nights is a brighter, more sparkly,
more sophisticated, more psychedelicBest Coast album
across the board, embodying the rich lightness and
stinging darkness of a California state of mind.
The love stories Bethany spins on California Nights all
detail the highs and the lows of relationships,
similar to the juxtaposition of a the band’s native Los Angeles –
a place tinted by candy-colored palm trees and pale
blue skies while existing within the loneliness and
desperation of waterless place. More than that,
there is a literal meaning to the record’s title –
Cosentino is a well-documented insomniac
whose creativity spirals out in the early hours
of the morning, allowing her to write, undisturbed,
the finest album Best Coast has made to date.

Says Bethany about California Nights:

“If you have ever lived in California, you know
what nighttime here feels like. You know what
the sky looks like when those epic sunsets begin,
and you understand that feeling and the
way things change when the sun finally sets.
In LA, or maybe just personally to me,
when the sun sets – I feel like there is a large sense
of calmness in the air, and I feel like everything
that happened to me prior in the day, whether
crappy experiences or good ones, at night,
it all goes away and I sink deep into this different kind of ‘world.’

It also ties in with the idea that, in LA,
there’s a real darkness that you don’t see unless
you know where to look. That’s a theme we very
consciously decided to explore and play with when
making this record. We related to the idea that things
may LOOK or SOUND fun and upbeat, but they may
not actually always BE that way – much like our songs.
A lot of the writing for this record consisted of me
getting to know myself again and remembering where
Bethany ended and Best Coast began. I took a much
needed step back and I was able to breathe deep for
a moment and really focus on what I was doing.
The end result of all of that, is California Nights.
It’s about a journey, accepting the things
you have no control over; it’s about dealing with
life like an adult, and at the end of the day, reminding
yourself that there really is no reason to be sad,
and you have every right to feel okay.”
Deerhunter(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
米ジョージア州アトランタ出身、01年結成。メンバーチェンジを経て
現在はブラッドフォード・コックス(Vo.G)、
ロケット・パント(G)、モーゼズ・アーチュレタ(Dr)、
フランキー・ブロイルズ(G)、ジョシュ・マッケイ(B)で活動中。
08年の3rdアルバム『マイクロキャッスル』、10年の4thアルバム
『ハルシオン・ダイジェスト』が世界的に大ヒットし国内外の年間ベストアルバムを総なめに。
13年4月、5thアルバム『モノマニア』をリリース、
同年11月開催のHostess Club Weekenderにヘッドライナーとして出演を果たす。

 
The BONEZ(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
2011年11月11日より始動したJESSEの
マルチエンタテインメントプロジェクト
"Stand Up! Project"を通じ、2012年11月11日にJESSE,
T$UYO$HI,ZAX,ZUZUの4人でJESSE and The BONEZとして活動開始。
ハードコア、オルタナ、エレクトロからフォーキー、
ブラックコンテンポラリーまで多彩な音楽性を展開。
2013年、9月 バンド名を"The BONEZ"に。JESSEのソロプロジェクトから、
よりバンドとして動き出した。 2ndアルバムの制作を終えZUZUが脱退。
10月14日のLIVEより、NAKA(ex.RIZE)が加入する。11月には、
JESSE,T$UYO$HI,ZAX,NAKAの4人で歩みだした"The BONEZ"にふさわしい、
4人の立ち位置を表現し・重なり合った特徴のあるNをモチーフにした
新しいロゴを発表。 2014年1月22日、2nd アルバムとなる、
"Astronaut"をリリース。ファン垂涎のアイテムが詰まった特別限定盤、
CD+DVDの限定盤、CDのみの通常流通盤の 3バージョンでの販売を行った。
2月18日から4月12日まで、アルバムのレコ発ツアーとなる
"Astro Tour 2014"を行う。国内19カ所をまわり、
20カ所目はワンマンLIVE "The ONE"を開催。その時の映像が、
後、LIVE DVDとして発売される。 7月には、NAKA加入後の初作品となる
"Place of Fire"、LIVE DVD 「Astro Tour 2014 "The ONE"」をリリース。
12月4日からワンマンでの東名阪ツアー 「Astro Tour "ONE MAN SHOW"」を開催。

The BONEZ are

Vocal & Guitar = JESSE (RIZE),
Bass = T$UYO$HI (Pay Money To My Pain),
Drums = ZAX (Pay Money To My Pain),
Guitar = NAKA (ex-RIZE).




The BONEZ is a super band consisting of members
from two established popular rock bands:
RIZE & Pay Money To My Pain.

JESSE, an iconic figure in the Japanese rock and
street culture scene, launched his solo project called
"Stand Up!" based on his unique concept and strong
motivation for wanting to connect directly with fans,
amateur musicians, and other professionals. His goal was
to create a new variety of entertainment that launched
on 11/11/2011. The 11th is a day that is very symbolic
for JESSE as the Japan Tsunami Disaster occurred on 3.11.10,
the World Trade Center attacks occurred 9.11.01,
and his birthday is 8.11.80.

Through this project, JESSE released his first solo
album with the same title "Stand Up!" by collaborating
with ZUZU who was selected as co-producer for this album
through a special web media audition. "Stand Up" was released on
JESSE's independent label "TENSAIBAKA Records" on 11/11/2012.
The first premium limited edition two disc sold out immediately
even though the price was \11,111 (~$115) and promotion for
this album was limited to JESSE's Facebook pages.
Influential buzz among not only fans, but also other music listeners
pushed Japanese major retailers such as Tower records,
HMV, and CCC to quickly begin carrying "Stand Up!"
in its one disc "unlimited edition" format that went
on to sell more than 10,000 copies.

Meanwhile, on the final day of mastering "Stand Up!",
JESSE heard that Pay Money To My Pain cancelled
their sold out tour because their lead vocalist, K, fell ill.
Without hesitation JESSE, called TSUYOSHI & ZAX
that night at the studio, asking them "Why don't we
jam, because I need some strong band members for my solo gig".

TSUYOSHI and ZAX initially agreed, but on a temporary
basis until K could fully recover.

Originally the guys had planned to only appear once
together on stage as a special performance on 01.11.2013
as a thank you for the fans who bought the "Stand Up!"
limited edition album by offering them a chance to attend an
intimate concert for only 111 fans. However on 12.30.12, K
passed away, and Jesse never had a chance to say good-bye...

Because of this, the band continued to perform together
after their 1.11.13 gig - feeling inspired and compelled to
do so by an invisible, spiritual power. This Summer,
the band officially changed their name to "The BONEZ"
from "JESSE & The Bonez" on JESSE's 33rd birthday,
08/11/13. They wanted to express their commitment and
desire to continue playing together as a unit outside of RIZE and Pay
Money To My Pain. Additionally NAKA, the former guitarist of
RIZE joined - ultimately replacing ZUZU - and making The BONEZ
a true super band featuring members from RIZE
and Pay Money To My Pain.
電気グルーヴ(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
別名 DENKI GROOVE
電気GROOVE
出身地 日本
ジャンル テクノポップ
テクノ
ニュー・ウェイヴ
ハウス
活動期間 1989年 -

レーベル SSE COMMUNICATIONS
(1990年)
ソニー・ミュージックエンタテインメント (トレフォート)
(1991年)

Ki/oon Sony Records
Ki/oon Records
Ki/oon Music
(1992年 - )

事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
公式サイト www.denkigroove.com

メンバー 石野卓球 (ボーカル、サンプリング)
ピエール瀧 (ボーカル、サンプリング、瀧)
旧メンバー 若王子耳夫 (ギター、ストリングス)
(1989年 - 1990年)
高橋嵐 (プログラミング)
(1989年 - 1990年)
CMJK (シーケンサー、DJ)
(1990年 - 1991年)
砂原良徳 (プログラミング)
(1991年 - 1999年)
Fear,and Loathing in Las Vegas(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
So(ボーカル)
Minami(ボーカル・キーボード)
Sxun(ギター)
Taiki(ギター)
Kei(ベース)
Tomonori(ドラム)

2008年に神戸で結成された6人編成のポスト・ハードコア・バンド。
オートチューン・ヴォーカルとシンセサイザーを加えた、トランスをミックスした独創的なハードコアを展開。
2010年に『Dance & Scream』でアルバム・デビュー。
以降、コンスタントに作品を発表し、2014年には3rdアルバム『PHASE 2』をリリース。2015年は「Let Me Hear」「Starburst」のシングルに続き、“ROCK IN JAPAN”“サマソニ”“ライジング”など多くの野外音楽フェスに出演。
SPiCYSOL(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
“Surf Beat Music”を掲げて活動するピースフルなミクスチャー・バンド。
SPiCYSOLの音は、海、そして太陽といった夏のロケーションにぴったり!
陽気で開放感のある楽曲が、聴く者を夏へと連れ出す。

 
Spiritualized(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
イギリスのミュージシャン、ジェイソン・ピアースを中心とするイギリスのロックバンド。

1990年、イングランド中部ラグビーにてスペースメン3の元メンバーを中心に結成。アルバム毎にメンバーチェンジを繰り返しており、結成時のメンバーは1994年の時点でジェイソン・ピアースを除く全員が脱退している。以降もメンバーの加入脱退はあるものの、1999年加入のトニー・フォスター、ジョン・コクソン、トム・エドワーズ、ケビン・ベイルズは2015年現在まで不動のメンバーとなっており、初期に比べて徐々に安定してきている。

1997年に発表したアルバム『宇宙遊泳(英: Ladies and Gentlemen We Are Floating in Space)』は、全英アルバムチャート4位を記録し、英国内ゴールドディスク認定、全世界でプラチナディスクに認定。また、NMEが選ぶ年間ベストアルバム「アルバム・オブ・ザ・イヤー」に選出される。

※参照:wikipedia 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%89
防弾少年団(BTS)(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
防弾少年団(ボウダンショウネンダン)

韓国のヒップホップボーイズグループ。
グループ名の由来は、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、
自身たちの音楽を守りぬくという意味を込めている。

2013年6月12日にシングル『2 COOL 4 SKOOL』で韓国デビュー。
2014年6月4日に「NO MORE DREAM-Japanese Ver.-」で日本デビューを果たす。
2015年2月に“防弾少年団1st JAPAN TOUR 「WAKE UP:OPEN YOUR EYES」”を4都市全6公演で開催し、
約22,000人を動員。 

◇受賞歴(日本)
2015 第29回日本ゴールドディスク大賞
ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(アジア)
ベスト3ニュー・アーティスト(アジア)

◇受賞歴(韓国)
2015 第4回GAONチャートK-POPアワード 本賞
2015 第24回ハイワン・ソウル歌謡大賞 本賞
2015 第29回韓国ゴールデンディスクアワード 本賞
2014 第3回GAONチャートK-POPアワード 新人賞
2014 第23回ハイワン・ソウル歌謡大賞 新人賞
2014 第28回韓国ゴールデンディスクアワード 新人賞
2013  Soompi award 新人賞
2013 第5回MelOn Music Awards 新人賞
BLUE ENCOUNT(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
熊本発、都内在住4人組エモーショナルギターロックバンド。

田邊駿一(Vo, G)、江口雄也(G)、辻村勇太(B)、高村佳秀(Dr)の4人からなるロックバンド。 熱く激しくオーディエンスと一体となる<熱血>なパフォーマンスがライブシーンで話題を呼び、次世代エモロックシーンを担うバンドに成長した BLUE ENCOUNT。昨年2月にはコンピレーションアルバムとなる『BAND OF DESTINATION』をインディーズよりリリースし、オリコンデイリーでは総合 チャートで初登場9位、ウィークリーではインディーズチャート2位を獲得! 代表曲「HALO」はYouTubeでの再生回数 が195万回突破するなど、その注目度は群を抜いている。そして昨年の9月10日には EP『TIMELESS ROOKIE』で遂にメジャー・デビューを果たした。さらに今年1月にはファースト・シングル「もっと光を」をリリースし、全国35局でのパワープレイを獲得。5 月には人気のテレビ東京系アニメ『銀魂 ゚』のオープニングテーマとなるシングル「DAY×DAY」をリリースし、iTunesのロック・チャートでは1位を記録。これまで行われた全国ツアーの各会場でのチケットは全てSOLD OUTという快進撃を続け、今年も多くの夏フェスにも出演予定と注目度もフルMAX状態。そして7月22日には待望のファースト・フル・アルバム『≒』のリリースを控え、ますますベスト・ルーキーの勢いは止まらない!
BIGMAMA(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
金井 政人 / vocal, guitar 
柿沼 広也 / guitar, vocal 
リアド 偉武 / drums 
安井 英人 / bass 
東出 真緒/ violin, keyboard, chorus
BABYMETAL(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
ベビーメタル【SU-METAL (Vocal,Dance) / YUIMETAL (Scream,Dance) / MOAMETAL (Scream,Dance)】

2010年結成。
メジャーデビューシングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」、2ndシングル「メギツネ」が2作連続でオリコンチャートTOP10入りを果たし、2013年夏〜秋には「SUMMER SONIC 2013」を始め国内野外フェスに多数出演。2014年3月には日本武道館ワンマンライブ2デイズを行い女性アーティスト史上最年少記録を樹立。
さらに1stアルバム「BABYMETAL」が全米ビルボード総合チャートにランクイン。
同年夏からは初のワールドツアーを行い、イギリスの大型フェス「Sonisphere Festival UK」ではメインステージに登場し6万5千人の観衆を集め、アメリカではレディー・ガガの北米ツアー5公演のサポートアクトに抜擢される。
同年秋にはワールドツアー追加公演としてニューヨーク、ロンドンでワンマンライブを行う。2015年1月にはさいたまスーパーアリーナで2万人を動員したワンマンライブを開催。
最新ライブアルバム「LIVE AT BUDOKAN 〜RED NIGHT〜」のマスタリングはグラミー賞受賞作品など数多くの作品に携わったTed Jensen(Sterling Sound)が手掛けた。

BABYMETALの”メタルレジスタンス”は急速に世界へと拡大している。
あゆみくりかまき(SUMMER SONIC 2015出演アーティスト)
歌うたいの「あゆみ」と、DJ の「くりか」、盛り上げ役の「まき」のくま3頭からなる「あゆみくりかまき」。
2014年5月「あゆみくりかまき」として活動開始。
7月22日(火)には「あゆみくりかまき」となって初のニューシングル「ジェットクマスター」をリリースし、オリコン初登場5位を記録した。
2014 年夏、ROCK IN JAPAN FESTIVAL、SUMMER SONIC(東京・大阪)、SUNBURST、TOKYO IDOL FESTIVAL他数多くの野外フェスに出演。
あゆみくりかまき主催イベント「尊敬という名のGIG」を開催し、Vol.1 Vol.2 Vol.3 全公演チケット完売。
雑誌「ヤングガンガン」では「くまふれいばぁ」として本人たちが主役として登場するマンガを連載中。
2015年3月4日(水) に発売したメジャーデビューシングル「鮭鮭鮭」はオリコンウィークリー11位を記録。
4月26日(日) に開催する渋谷WWWでのワンマンライブ「ボクらの熊魂2015 〜いよいよ初鰹が美味しい季節ですよね編〜」はチケット即完となった。
さらに、フジテレビ系ノイタミナアニメ「パンチライン」エンディングテーマに大抜擢された「蜜蜜蜜(読み:ハニーハニーハニー)」
が、6月24日(水)に早くもメジャー第二弾シングルとして発売!
9月20日(日)「ボクらの熊魂2015 〜汗と感動の涙でデトックス編〜」を開催決定!
現在tvk(テレビ神奈川)音楽情報番組「saku saku」にレギュラー出演中。

"Ayumikurikamaki" consisting of three bears, singer "Ayumi", DJ "Kurika" and hype-woman "Maki".

In May 2014, they started an activity as ”AYUMIKURIKAMAKI”.
In that year July 22 (Tue),they released their first single “Jet kumastar” that recorded the Oricon chart rank 5th in the first appearance.

2014 summer, they performed at many outdoor festivals including "ROCK IN JAPAN FESTIVAL", "SUMMER SONIC" (Tokyo and Osaka), "SUNBURST", and "TOKYO IDOL FESTIVAL" .

AYUMIKURIKAMAKI held their event "尊敬という名のGIG" VoL.1 Vol.2 Vol.3, and all performances tickets were sold out.

In a comic magazine "YOUNG GANGAN", a comics series "kuma flavor" that they appear as a main character has started.

Their major debut single "鮭鮭鮭" released in March 4 (Wed) recorded the Oricon weekly chart rank 11th. 

And furthermore, their major 2nd single "蜜蜜蜜" which was selected to an ending theme song of a FNN noitaminA animation "PUNCH LINE" is scheduled to be released in June 24 (Wed).

In 2015 September 20(Sun),they will hold their one-man live event "ボクらの熊魂2015 〜汗と感動の涙でデトックス編〜".

They appear on "saku saku" music information tv program of "tvk" every day.