Work

今回は第2回です。CDジャケットデザイナーとして活躍中のArtGroupクロイキリ氏の
思い出やお仕事についてのインタビューです。クロイキリ氏のライフにサーチ! 前回記事はこちら

[Profile]クロイキリ氏
HARDCOREやPUNKシーンのCDジャケットのデザインなど中心に東京で活動中。

Interview

Learn About Culture.

思い出深いCDジャケットについて教えてください。

すべて思い出深いですが、今、思い出したのはヨンバルカンのJAPARIDICK。
※ヨンバルカン
「JAPARIDDICK」は2014.03.05 RELEASEのMini Album。
http://yonvulcan.aremond.net/discography/.

そのCDが思い出深いわけは何になりますか?

本当は自分がCDジャケットの担当ではなく、予約特典のTシャツを作っていたんですよ。でも、ここには書けない「大人の事情」で完成していたTシャツのデザインを超短納期でCDジャケットに作り替える作業をしました。 今までCDのジャケットって気合を入れて作業するのでトータルで1ヶ月ぐらいはかけてじっくり制作していましたが、コレは確か納期が1週間も無かったんじゃなかったかな・・・ この時の経験で何かコツをつかみ、その後作業効率が飛躍的にアップすることができたんですよね!! ※かっこいいですよね、こういう思い出。“仕事人”というかんじですね。

CDジャケットデザイナーってどうやってなるんですか?

CDジャケットデザイナーというくくりがあるのかわからないけど・・・。急にCDジャケットのデザインが出来ないかもしれない・・・と思うこともあるんですよ。 自分の経験だと、はじめは、とにかくライブハウスに足を運び、ライブを見て、「良いな」と思ったバンドに話しかけ、物販とかシールとかちょっとしたデザインをやらしてもらいましたね。そうして、だんだんと認めてもらった後にジャケット制作に昇格する。 そのバンドなりCDなりが売れるといろんな人にデザインを見てもらえることになるので、好きな人に引っかかれば知り合いじゃなくても頼みに来てくれるといった具合で仕事につながるんですよね。 ただ、このやり方は面倒だし、時間もかかるので、友人にバンドマンを探すか、有名なデザイン事務所に入っちゃえばいいんじゃないかな!?(適当)

※正直、クロイキリ氏のたくましさを感じ、感動します!

CDジャケットデザイナーとしての夢はどんなものですか?

デザイン料が超高額の仕事に巡りあうことかな・・・(笑)1回100万とか。メタリカとかそうなんじゃないの?って思ってますよ。

Creative Director

CDジャケットのデザインって、月に何枚作るんですか??

CDのジャケットだけに限ればあって年に1個、多くて2個ぐらい。仕事で絵を描くというのであれば月に1〜2個。

Lead Designer

クロイキリ氏の作品を見ていて、個人的に目のデザインが多いな~って感じたのですが、これは何か理由があるんですか?

目のデザインが多いのは、自分の中の設定ですかね、覚えてもらうタメの。と、いうのが表向きの理由で(笑)。本当は普通に人の顔を描くより簡単だから。目を1個にすると鼻も描かなくてよい可能性が高いし。簡単に早くイイモノを制作する!というのが自分の永遠のテーマなので。

Lead Designer

そのテーマいいですね!デザインをしているときに何を考えていますか??

あたりまえかもしれませんがカッコ良くしようと考えながら作業はしていると思います。これ終わったら何美味しいもの食べようかとか。